保育室
子どもたちが自由にどこへでも行き来できるよう、開放的な設計になっています。
テラスは夏は風が入りいい気持ち、
冬はおひさまの光でポッカポカです。

開放的な保育室

天窓からのすてきな虹

各保育室の天窓にはそれぞれ違ったデザインが施され、天窓から光が差し込み、おひさまがステキな虹を保育室中にいっぱ~いプレゼントしてくれます。

トイレ

 

給食室

 
子どもたちが気持ちよく使用できるように、1日に数回掃除をしています。トイレが清潔なことは、とても大切なことだと思っています。   無農薬野菜を農家から直接仕入れたり、無添加食品など、食育にも気配りをしています。作っている過程もしっかりと見れるよう、のぞき窓のスペースがあります。

クラス名に込めた想い

どこまでも続く「おおぞら」「あおぞら」の下で「おひさま」がさんさんとふりそそぎ、『森のようちえん』で遊ぶ子どもたちの眼差しは「きらきら」と輝く。
「にこにこ」の笑顔、「うきうき」「わくわく」の好奇心に満ちあふれている。
思う存分遊んだ子どもたちはやがて夜になり、眠りにつく。
お空には「おつきさま」「おほしさま」が輝き、すてきな「ほしぞら」のもと、一日が終わる。
また朝が訪れて、子どもたちはうきうきわくわくした気持ちで『森のようちえん』にやってくる。そんな毎日の繰り返しの中で、子どもらしく、すくすくと育って欲しい!
保育室以外 園庭 階上テラス